老後65歳からの勝ち組になる秘訣が「社会からの必要性」である理由とは?

年金

病院の待合で雑誌を読んでると「65歳の勝ち組や生きがい」について書かれた記事がありました。

読んでいる途中に診察に入ったので、記事を詳しく読むことができなかったんですが・・・ざっと見出しだけは読んで覚えました。

そこには「肩書ではなく役割」「家族」「友人」こういうことが、勝ち組や生きがいの基準になるようなことが書かれていました。

詳しく読みたかった・・・ということで、老後人生の勝ち組なる秘訣について自分でも色々調べてみました。

スポンサーリンク

勝ち組の基準はお金ではない

はい・・・うそでしょ?

そんなのはお金がある人の戯言ですよね?・・・と思ってはいましたが、調べるとこういう調査結果もあるようです。

「2000万~3000万円」の金融資産を持つ人の約64%が「幸せ」と回答したのに対し、老後の資金としては心もとない「200万~500万円未満」でも60%弱が「幸せ」と回答した。“生活が苦しくて老後の生活がカツカツ”と思われがちな「200万円未満」の人でさえ、半数以上が「とても幸せ」「幸せ」と回答した。

※三菱総合研究所のシニア調査と、それに追加項目を加えたマーケティングアナリスト・三浦展氏が主宰するカルチャースタディーズ研究所の調査による

本当にお金がなくあってもなくても関係ないの??

じゃあ一番の「勝ち組の基準」とはなんなの?

・・・と、調べてみるとこういった結果が出ました。

スポンサーリンク

社会に必要とされてるか?

「社会に必要とされているか?」これって前述した「肩書ではなく役割」と同じじゃないですか?

妙に心に響きます・・・

調べるとこういう話もありました。

マイホーム一件くらいキャッシュで買える貯蓄があるご老人が、今でもパートで働いている。

それがこのご老人にとっては幸せだという話。

また「社長や専務」などの肩書はいらないから「アルバイトで働く」ほうが生きがいを感じる・・・

本当にそんなもんなの?

スポンサーリンク

実際に聞いてみました

・・・っていうこともありパチンコ依存症の父親に聞いてみました。

でも、直接「社会に必要とされると嬉しい?」と聞くわけにはいかないので・・・色んな会話で間接的に聞きつつ・・・

「最近言われたことで嬉しかったことはなに?」と聞くと

「独立したら一緒に仕事してみる!とか必要とされたことかな・・・」

って、待ってました!って答えが戻ってきました。

スポンサーリンク

65歳以降の幸せの基準

「社会に必要とされる事」が65歳以上でも大事なことだと実感しました。

でも!

やはり先立つお金も大事です!

お金と社会性・・・こういったもんでしょうか?

老後のために今を生きるわけではありませんが・・・老後も人生を楽しめるように、今から方向は定めておくほうがいいですね。

老後の幸せのためではないですが

どうせなら老後も楽しめるように、今の人生や生き方の舵を切るのがどうかな?

・・・と思いました。

これからは「社会に求められる」ことについてもブログで書いていきたいと思います。

いつも応援ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました