本当に計算して老後資産2000万円ニュースが嘘である理由が分かった

年金

2019年の6月ごろに急にニュースになり毎日のように報道されていた老後2000万円問題』が、老後生活のボーダーラインのような扱いになっています。
でも実際に2000万円必要なのか?

しっかりと未来を予測して計算する必要があると思いませんか?
もちろん独身の方もいるし老夫婦の世帯、そして持ち家や賃貸など色んなケースがあります。

今回は持ち家なし、そして独身で老後を送る・・・一番金がかかると言われるケースを参照にしてみました。

本当に老後資産は2000万円も必要なのか?
実際に計算した結果、想像とはちょっと違った結果が出たので「老後資産2000万円ニュースが嘘である理由」ブログでまとめました。

スポンサーリンク

独身高齢者の老齢年金受給の試算結果は月に13万円

年金については「ねんきんネット」で簡単に将来もらえる年金額を調べることができます。
例えば65歳からに受給ではなく、70歳からや67歳からなど任意でシミュレーションできます。

私の場合は65歳まで働いて厚生年金に加入して、今後も給料が変わらないと想定した場合に、受給できる年金額は月に13万円程度です。
でも年金の納付を60歳までとした場合は、月の年金額は12万円となります。

60歳でのリタイアはありえないので、65歳まで加入するケースの試算結果である、月の年金額13万円を老齢年金の1カ月の受給額のベースとします。

高校や大学の卒業後にすぐに会社勤めを始めた方、一度も会社を辞めた期間がない方は、もっと老齢年金の受給額は増えてきます。

スポンサーリンク

独身高齢者の一ヵ月の生活費は13万8千円

次は住居費以外の独身高齢者の一ヵ月の贅沢をしない生活費を試算してみます。

住居費は後で試算します。
その理由は住居は持ち家や賃貸など色んなケースがあるからです。

【一ヵ月生活費】

この表を見ればお分かりですが、最低限の生活費はかなり難しいので、左側の平均的な生活費を参考します。

また多くの試算結果では、おおよそ月に15万円弱の支出結果が出ているので、15万8千円から住居費を引いた金額である13万8千円が平均的な一ヵ月の生活費となります。

月に13万8千円あれば趣味も楽しめる

これだと1カ月に2万円程度の交際費という小遣いもあります。

もちろんちょっとした趣味も楽しめる生活費です。
老後の趣味もそこまでお金はかかりません。

こちらでは老後の趣味や予算をまとめているので併せてご覧ください。
老後のライフスタイルに合わせた趣味を22個に厳選して紹介

スポンサーリンク

老後の住居費は多種多様

次は老後の住居費です。
住居費は持ち家の場合は税金や修繕費を考えると月に2万円程度となります。

ワンルームの賃貸の場合は、都心の高い住居でなく地方の場合は4万円もあれば大丈夫です。
そして公営住宅の場合は月に1万円前後と考えるといいでしょう(地域によって条件は違います)

こうなると老後の住居費で一番高くなるのが賃貸です。
この場合は生活費の13万8千円に賃貸価格の4万円を加算して、月に17万8千円の支出となります。

月に17万8千円あれば普通の老後の一人生活ができる

このように老後の一人暮らしの場合は、毎月17万8千円の支出となります。
17万8千円あれば賃貸で暮らしても、毎月趣味を楽しめて不自由なく暮らしていけます。

もちろん頻繁な海外旅行やギャンブルや高価な買い物はできませんが、普通に暮らして普通の幸せを実感することはできます。

スポンサーリンク

老後の一人暮らしで必要な老後資産を計算した結果

では老後のひとり暮らしでの収支を整理しています。

老後の毎月の年金受給額は月に13万円

老後の毎月の移出額は住居費含めて17万8千円
(持ち家の場合は15万8千円)

毎月の不足分は最高で4万8千円となります。

では毎月の不足金額である4万8千円はいつまで必要なのか?
ここは日本人の平均寿命を基に計算します。

スポンサーリンク

本当に老後に必要な資産は1150万円

現在日本人の平均寿命は男性が81.25歳、女性が87.32歳となっています。
平均で85歳とします。

この場合は毎月4万8千円が65歳からの85歳までの20年間必要となるので・・・
4万8千円×12か月×20年=1152万円となります。

ひとり暮らしの場合は1150万円あればいいという結果となりました。
もちろん夫婦世帯の場合は2倍と考えても、一人当たりの生活費は少し安くなるので、高齢者二人で2000万円あればいいでしょう。

そして毎月4万円の賃貸での住居費も、タイミングを見て公営住宅に引っ越すことを前提にしておけばもっと安くなるでしょう。
老後の交際費も年々不必要になる可能性も高いので、一人暮らしの場合はまずは1100万円を目安に考えていいと思われます。

スポンサーリンク

老後資産1100万円を作る方法

マスコミや金融機関の2000万円に惑わされて不安にならずに、まずは1100万円を目標にして、その上でどんどん老後資産を増やす考え方が良いです。

金融庁の老後資産のシミュレーションサイトで、子育てが落ち着き始める45歳から15年間にかけて毎月5万円をiDeCoや積み立てNISAでの資産運用で試算してみました。

その結果は最終積立金額11,348,634円となりました。
(元金部分900万円 運用収益部分234万9千円)

このように45歳からでも毎月5万円の貯蓄で老後資金が確保できます。
こちらでは50歳からのシミュレーションもブログでまとめています。
併せてご覧ください。
50歳から毎月5万円の投資信託をする人としない人の老後資金を比較

スポンサーリンク

老後資産2000万円ニュースが嘘である理由のまとめ

マスコミと金融機関が煽ることで、独り歩きをして不安と憶測が広がった老後の2000万円問題ですが、実際の計算してみるとなんとかなりそうな結果となりました。

もちろん受給できる年金が10万円程度の方もいるかもしれません。
1000万円の貯蓄が難しい方もいるかもしれません。

その場合は、老後の生活レベルの調整を行う方法もありますが、まだまだ他の方法もあります。
最速で老後資金を作るための世代別の資産作り手法をシミュレーション

必要以上に老後の生活を不安がらずに、今できることをしっかりと行い、ご自身の幸せな老後をイメージしてそれに向かって行動することが大切です。
まだ大丈夫!一緒に頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました