高齢者の再就職に向いているテレワーク業務で必要なものを3つにしぼって紹介

テレワーク

コロナウィルスの感染拡大の影響で、新しい就業スタイルであるテレワークが注目されています。

テレワークは時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方とうこともあり、70歳定年制を見越した高齢者再就職での業務スタイルとしても注目されています。
テレワークはパソコンとインターネット環境があれば、誰でも仕事ができるので年齢や性別、育児や介護があれど効率よく業務を行うことができます。

ではパソコンやインターネット環境以外に何が必要になるのでしょうか?
今回は高齢者のためのテレワークと、そのために必要なもの3つにしぼってご紹介します。

スポンサーリンク

介護者や高齢者に向いた「テレワーク」とは?

テレワーク」とは、インターネットなどを利用して、オフィスと同等の仕事をオフィス以外の場所で行なうことを指す言葉です。

厚生労働省の「テレワークにおける適切な労務管理のためのガイドライン」を参照

テレワークとは在宅勤務のイメージがありますが、際には「在宅・サテライトオフィス・モバイル」の、3つ就業形態となります。

今回ご紹介するテレワークはこの中でも「在宅勤務」にしぼってのご紹介となります。

スポンサーリンク

テレワークで必要なものを選ぶポイント

テレワークは自宅で業務を行うので「終業の宣言」や「中抜けの取り決め」など、仕事中なのか?そうでないのか?などの問題も発生します。
それと同時に普段の勤務以上にデスク上で管理される可能性も考えられます。

そのようなことを考えると、デスクワークで長時間業務をいかに快適に行えるのか?という部分がテレワークでの大事なポイントとなります。

そうです!それが今回ご紹介するテレワーク必要快適グッズです。

テレワークで大事なのは、快適に過ごす方法とそのために必要なグッズ

テレワーク用快適グッズを選ぶ基準

では、現在売られている快適グッズ徹底比較し、★5点満点でのおすすめ度ランキング形式で紹介します。

【テレワークグッズの選択基準】
1.価格
2.使いやすさ
3.収納性
4.購入者の口コミ
スポンサーリンク

おすすめのテレワークの快適グッズの3つに絞ってご紹介

テレワークでおすすめしたいグッズはたくさんありますが、まずは3つに絞ってご紹介します。

首まくらネックピロー

おすすめ度☆☆☆☆

テレワークではチャット会議などもあり、デスクワークでもいつも以上に緊張した姿勢になりがちです。
自宅で仕事をしている負い目?もあるせいか、チャット会議などでは必要以上に姿勢を正します。
そんな時に便利なのがネックピローです。

数あるネックピローの中でおすすめなのがPurefly ネックピロー U型】です。

その最大の理由は、ネックピローを膨らませる時にボタンを押すだけで膨らますことができるという部分です。
この部分はポイント高いですね!下部にあるボタンを繰り返し押して膨らませてください。

長時間負担のかかるお尻にゲルクッション

おすすめ度☆☆☆☆

長時間のデスクワークで負担のかかる部分の一つはお尻です。
一番良いのは長時間座っても疲れない椅子を買うことですが、予算はもちろん部屋の広さや収納の関係もあり難しい場合があります。

そんな時にオススメするのが【ゲルクッション】です。

実際に使ってみてお尻も腰もとても楽だなと感じます。
コツはゲルクッションは深めにおいて、座り方は浅めにすることです。

テレビ会議に便利なマイク付きネックスピーカー

おすすめ度☆☆☆☆

長時間イヤホンを使うと耳に負担がかかり頭痛になる時もあります。
だからといってスピーカーにしておくと、自宅での業務の場合は家族に迷惑がかかることも考えられます。

そんなときに便利なのネックスピーカーです。
これがあると耳にも負担がなく、パソコンからの呼び出し音も耳元だけで聞こえるのでかなり便利です。

ネックスピーカーにもマイクが付いていないタイプもありますが、こちらのKENWOOD ケンウッド ウェアラブルネックスピーカーは、マイクもついているので、Bluetooh対応パソコンと接続することで、TV会議用のパーソナルスピーカー&マイクとし使用できます。
Amazonでの評価も高いので安心して利用できる商品です。

スポンサーリンク

再就職はテレワーク制度がある勤務先を探せ

今回はテレワークで必要なおすすめグッズをまとめてみました。
ただテレワークはまだ始まったばかりの制度と言うこともあり、勤務先にテレワーク制度がある事業所は少ないです。

実際に「勤務先にテレワーク制度がある」という人は少なくて、全体の「14.2%」しかいません。

ただしテレワークは今後はどんどん増えてくる制度です。
あなたが高齢になって再就職する際は、ぜひテレワークが可能な職場を探しましょう。

こちらの記事も併せてご覧ください。東京で家賃3万円からの【シェアドアパートメント】利用して10年で550万円の貯金

タイトルとURLをコピーしました