証券会社が勧めない国債は本当に稼げる最強商品

SBI

最近は国債についてのブログ記事が増えています。

それもそのはず・・・それだけのメリットがある商品です。

これだけメリットがあるのに皆さんがそこまでわかっていない、宣伝でもそんなに聞かないし、証券会社の営業マンもそんな話をしない・・・

それは証券会社が儲からないからです!

今回はそんな国債のメリットやデメリットなどを詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

国債ってなんなの?

国債とは国が発行している債券です。

日本政府が資金調達を目的にて発行しているのが国債です。

国債を購入することは、国に対してお金を貸したことを証明するものになります。

なので当然金利が付くわけです。

スポンサーリンク

国債は元本割れしないの?

究極に問い詰めれば・・・元本割れもあります。

それは日本政府が破綻した場合です。

でもこれって株式投資で投資先の会社が倒産したりするより、ずっと安心ですよね?

そういう意味ではもっとも安心できる投資であります。

スポンサーリンク

米国債のメリット

米国債をすすめるのはやはりその利回りの良さです。

利回りがだいたい毎月5万の購入として利回り3%なので30年で・・・なんと

2900万円に資産が増えます!

f:id:hennsaisurude:20190206105910j:plain

それ以外のメリットは、大事な資産の海外への分散です。

日本国内だけに資産があるとそれはそれで危険もあります。

でも海外の国債を持っていることでリスクヘッジが可能となります。

スポンサーリンク

変動金利

国債は変動金利では、一定期間ごとに支払われる金利が見直されます。

日本の場合は半年ごとです。

ただ国債は政府が購入時の金利をを最低でも保証しているので、それより下回ることはありません。

変動した場合はそのままかそれとも上昇か?の二択になります。

スポンサーリンク

手数料は?

個人向け国債には、基本的に手数料はかかりません。

(その理由もあり証券会社は売りたがらないのです)

ただし証券会社には確認してください。

途中解約も1年以上経過すればできます。

ただしその場合は前2回分の利子を戻さないといけません。

なのでタイミング悪く解約すれば利息無しで元本のみってことになります。

米国債はいくらから買える?

米ドル建てでは一般に1000ドルから購入できます。

今は1ドル110円ってところなので11万で購入できるってことですね。

スポンサーリンク

国債のまとめ

まとめてみましたが・・・色んな意味で国債は魅力があります。

やはり確定利回りとほぼ元本保証は大きな魅力です。

何よりもとんでもない利回りには驚きます。

最強iDeCoや積み立てNISAもビックリです。

でもiDeCoや積み立てNISAもかなり爆発力のある商品ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました