320万円もお得になる格安SIMについて紹介

楽天モバイル

当ブログは副収入などをメインにしていますが、同時に無駄な支出を減らして・・・それを小遣いにしちゃおう!

そんな内容でも記事を書いています。

そして僕がたびたび取り上げているのが・・・

①スマホなどの利用料金

②生命保険や医療保険

この二つを見直すだけで・・・驚くほど節約できます。

いや節約と言うレベルではなく副収入レベルです。

その中で今回は・・・スマホの利用料を工夫すればどの程度節約・・・いやお金が生まれるのかをブログでまとめました。

ソフトバンクから楽天モバイルに変更した場合はどの程度の節約になるのか?

変更する方法やお得なプランなどは?

スポンサーリンク

スマホの料金と内容を比較

もともとソフトバンクを利用していたのでソフトバンクと、格安SIMで有名な楽天モバイルを比較してみます。

【ソフトバンク】月々のデーター使用料は7GB

ソフトバンクの場合は「パケットし放題フラット for 4G」に入っているので、月に使えるのは7GBまでです。

そうなると月に6,000円以上費用が掛かる場合があります。

これに電話での通話料やオプションが入ると、おおよそ8,000円程度の費用が掛かります。

【楽天モバイル】月々のデーター使用料は6GB

プランM(月に6GB)と5分かけ放題オプションを合わせると、月々の料金は2,480円と激安です。

楽天のサイトで下記の条件を入力しシミュレーションしましたが間違いはありません。

「シミュレーション条件」

・通話SIMのみ

・楽天会員割引

・3年継続割引

5分間かけ放題無料のオプションも入れて2,500円程度です。

(僕の場合は一番安いプランに加入し、割引もあり2,000円以下です)

【利用料金の比較】

ソフトバンク 8,000円

楽天モバイル 2,500円

スポンサーリンク

比較シミュレーションの結果

スマホの料金ですが、ソフトバンクと楽天ではほぼ同じようなサービス内容で・・・その差額は月に約5,500円

もし今、乗り換えして今後30年楽天モバイルを使う場合と、乗り換え変更せずにそのままソフトバンクを使う場合を比較すると・・・どうなるのか?

ここではソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えて、その差額を積み立てNISAで運用したとします。

 

運用期間は・・・基本放置です。

乗り換えするだけで・・・何もせずにこうなりました。

f:id:hennsaisurude:20180805135417j:plain

その差はなんと・・・320万円!(資産運用益含む)

仮にNISAなどで資産運用しなくても198万円もお得になります。

※これは2019年2月時点でのデータです。

スポンサーリンク

楽天モバイルへの乗り換え方法

①公式楽天モバイルショップに電話して事前に説明を聞く

聞いておくのは店頭に伺う日や必要な物ですね。

基本的には以下のものが必要です。

・本人確認書類(免許証など)

・楽天会員IDとパスワード(会員じゃなくても契約可能、割引がないだけです)

・MNP番号(今の番号を使う場合)※店頭でしてくれます

・クレジットカードかデビットカード、もしくは口座引き落としのキャッシュカード

②ソフトバンクでSIMフリーの手続きを行う

事前にソフトバンクに連絡しSIMをフリーにしておく必要があります。

こちらで事前に確認をどうぞ↓

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

③変更当日に楽天モバイルの窓口で変更してもらう

自分でネットを使いすべてする方法もありますが、色々調べてみると店頭でする方が便利かもしれません。

でもネットで予約するのも簡単なので、まずは公式サイトで色々と調べておくのが大事です。

ちなみに店頭の場合は即日契約となるのでその場でスマホが使えます。

また面倒なMNPもその場でしてくれますし、質問などもできるので多少の手数料がかかってもお勧めします

※手数料は事前に店舗に連絡して確認してください。

店頭に行く時間がなくて、ネットで申し込みする場合でも、わかりやすくサポートしてくれます。

ちょっと気になるな・・・

どんな感じなんだろう?

そんな方はまずは楽天モバイルの公式サイトで色々ご覧ください。

こちらからも申し込みができます。

 ↓↓ こちらが楽天モバイルの公式サイトです!

スポンサーリンク

支出は見直し毎月1万円稼ぐ!

実際に生活で毎月固定で出ていく支出はたくさんあります。

家賃や保険代、水道光熱費・・・変動ですが食費などもそうです。

お金がたくさんあればいいのですが、実際はそんな余裕がない家庭がほとんどです。

そうなると無駄に費用をかけすぎてる部分・・・

例えば5千でも1万円でも実際は内容は変わらない支出・・・

そういう部分で目をつける所は

①保険代金

②スマホなどの利用料金(通信費)

この二つです!

月々にすると数千円のこういった固定費の見直しでも、これが長期間続くと数百万の差になります。

これを機会にぜひ見直してみてください。

こちらのブログ記事も合わせてお読みください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました