iDeCoと遺族?自分の身に何かあった場合のiDeCoはどうなる?

iDeCo

コツコツ積み立てた貯蓄・・・万が一の場合はどうなるのか?

当然、妻や子供、親や兄弟に相続されるとは思いますが、そこに借金が絡むとどうなるの?

例えば住宅ローンが2000万円残ってる。

そういった場合はどうなるの?

相続放棄したら何も入らないし意味ないのでは?

今回はそういう部分をブログ記事にしてみました。

資産運用は出口までしっかり押さえるべきです!

スポンサーリンク

万が一の場合のiDeCoの処理

iDeCoは確定拠出年金と言って、年金として受け取れるわけですが・・・万が一あなたに何かあった場合は、ご遺族が一時金として受取ります。

※年金として受取ることはできません!

また、死亡一時金はみなし相続財産として相続税の課税対象となります。

この「みなし相続財産」って単語後でも出るので覚えておいてくださいね!

どちらにせよiDeCoは一時金として遺族に残せるわけですね。

その点は安心です!

でもその時に住宅ローンなどの借金があればどうなるのでしょう?

スポンサーリンク

一時金などは受取人の財産扱い

親に借金がある場合・・・相続放棄をしますよね?

でもiDeCoや生命保険などはどうなるの?

やっぱりそれも放棄?

iDeCoや生命保険などのあなたに支払われる保険金は、基本的に相続にはなりません。

それは相続されるものではなく、受取人の資産となります。

ただし「税務上の相続性は発生」するので要注意です。

簡単に言うと相続放棄で親の借金も放棄したとしても、iDeCoや生命保険の受取保険料などはもらえるってことです。

※例外もあります!

受取人が被保険者(本人)の場合は対象外となっています。

【被相続人ってなんのこと?】

遺産相続の時に,相続する財産を遺して亡くなった方のことを「被相続人」といいます。

またiDeCoの給付金は受取人の指定もできます。

資産運用は大事ですが、その出口の部分もしっかりと調べておくことが大事です。

今回はiDeCoや遺族について書きましたが、ケースバイケースで変わってくることも多々あるので、必ず事前にご自身でご確認をお願いいたします。

いつもお応援ありがとうございます。

コメント

  1. […] 簡単に自分の身に不幸があったときは遺産相続と考えたらいいですね。 […]

タイトルとURLをコピーしました