1着3900円のおすすめ着物クリーニング保管サービスの三つのメリット

老後の一日

湿気や汚れを嫌う着物ですが、たまにしか使わない着物なのにそのクリーニングや保管で困ったりしませんか?

着物の収納といえば、一番に思いつくのが桐ダンスですが、桐ダンス以外だと、着物はどうにかなってしまうのでしょうか?
また着物はどの程度の間隔でクリーニングをするべきなのでしょうか?

着物をいつまでも綺麗な状態で着るためには、「保管方法」がかなり重要になります。
自宅での保管管理が難しい・・・今回はそんな方におすすめの着物のクリーニング保管サービスをご紹介します。

スポンサーリンク

着物の保管ってどうするの?

着物はきちんと保管しなければ、カビ・型崩れ・シワなどになります。
「ひと晩陰干しをする」「シワができないようにたたむ」「たとう紙を利用する」などの保管方法がありますが、実際に自宅でそこまでするのは大変です。
なので着物を持っている方、これから買おうと考えている方は、正しい保管方法を知っておく必要があります。

スポンサーリンク

着物の保管で注意すべき点

着物の保管で注意すべき点は三つあります。

腕のいいクリーニングでしっかりと汚れを落とす

ドライクリーニングだけでなく、シミやファンデーション汚れもしっかりと落としてくれる、その上で生地を傷めない技術があるかないか?
そんな腕のいい職人がいるクリーニング店を選ぶことが大切です。

湿気のないところで保管する

着物は湿気に弱い衣類です。
吸湿性に優れた桐タンスなどで着物をしっかりと保管する事が大切です。

しわが寄りにくい保管をする

タンスにしまっても着物にしわが付くと大変です。
たたみ方や保管の仕方にも気を付けなければなりません。

 

着物の保管で大事な三つのポイント
1.汚れをしっかり落とす
2.湿気のない場所で保管
3.しわになりにくい保管

このように三つの部分に気を付けて保管する必要がありますが、実際に自宅で保管するとなると場所の問題もあるし難しいのが現実です。
そんなニーズに合わせて人気のあるサービスが「着物のクリーニングと保管」のサービスをしている専門業者です。

スポンサーリンク

着物のクリーニングと保管サービスを選ぶ基準

着物のクリーニング保管を専門でしている業者を選ぶことが、着物の保管で一番安心できる保管方法ですが、では一体どのような業者を選ぶのがいいのでしょうか?

それは、実績のある業者に任せる事と、長期間保管を任せる費用のコスト面です。

アライバでは熟練した専門家が汚れをチェック

今回ご紹介する着物クリーニング保管サービス「アライバ」では、腕のいい職人が着物の状態をチェックした上でドライクリーニングをして、その上で汚れを部分的に落としていきます。

アライバでは1着3900円の料金

またアライバでは一着3900円のクリーニングサービスと業界最安値となっています。
その上で保管サービスは1年目は無料!

気になる2年目からは、お預かりサービスだけで980円です!

スポンサーリンク

ご両親のご自宅にあるお着物もチェックが必要

自宅にある着物・・・どうしようか迷っている方はぜひこの機会に、専門業者に依頼してクリーニングと保管をお願いしてみるのはどうでしょうか?
また年配のご両親の自宅に保管されている着物もこの機会に整理してみるのもどうでしょうか?

腕のいい職人のいるクリーニングサービスの「アライバ」はこちらから詳しく見る事ができます。
着物の保管で困っている方はぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました