コロナウィルスでiDeCoの老後資金が2割も減った!

iDeCo

もうこのままだと世界経済はどうなるんでしょうか?
日経平均株価は19,000円切るしダウも下がりまくりだし、円高が凄い事になっているし・・・
なによりも老後資金が2割も減ったんですが!どうなるんでしょうか?

資産が2割減るって凄い事ですよね?
1000万円ある老後資金が800万円になるんですよ。
驚きますよね?不安になりますよね?皆さんどうですか?

という事で今回はコロナウィルスのせいで老後資金として資産運用していたiDeCoについてブログでまとめます。

スポンサーリンク

好調な時にiDeCoの資産は10%以上増えた

ほんの少し前までは好調だったんです。
始めたばかりのイデコも順調に利益を伸ばして利益率11%まで結果を出しました。
利回り11%なんてすごい事ですよ!

いまどき不動産でも利回り5%でも良い物件と言われているのに、それがお金を預けるだけで利回り11%!
さらに節税として税金が2万円程度戻るんでこれは実質利回り20%程度です。

美味しすぎる神サービス!
それがiDeCoの印象でした。

iDeCoの三つのメリット
1.掛け金の所得控除が受けられる(会社員のメリット)
2.売買利益が非課税
3.退職所得控除が受けられる
スポンサーリンク

コロナウィルスで老後資産が2割減少した

そして今年に入りコロナウィルスが拡散し始めたわけです。
これについての政府の初動はクソでしたね・・・誰が見てもおかしいですもん。
中国の武漢でコロナウィルスが発生して大変なことになりかけてるのに入国制限しないんです。

そしてノーマスクの感染者が春節ということでたくさん日本に来るので、その後はあっという間にコロナウィルスが拡散しました。
そうなると終わりです・・・その後は皆さんがご存知の通り株価が落ちて円高になって・・・
結果的に資産運用であるiDeCoも赤字です。

おや?-9.5%じゃないか?
そう思われるかもしれませんが、この前までは10%の利益があったのでトータルで2割減少です。
こちらがその頃の画像です。

結果的には11% → -4.2% → -9.5%となったわけです。
詳しくはこちらのブログでも書いているので参考にしてください。

今後iDeCoを考えている方もきっと参考になると思います。

スポンサーリンク

コロナウィルスの今後の見通し

コロナウィルスはどうなるんでしょうか?

きっとすぐに落ち着くことはないでしょうね。
問題はアメリカや日本などが沈静化するかどうかじゃないかな?と思います。
今夜はアメリカのトランプ大統領がコロナウィルスの景気対策を発表すると言っているし、ウィルスはすぐに消えないので景気対策に期待したいところです。

もちろん日本の景気対策が一番重要ですが・・・ここが一番の問題ですね。

ということで今は株価が激しく落ちていますがそこまで心配していません。
掛け金も少ない事もありますが、長い目で見たら・・・例えば一年後にはきっと株価は戻っている事でしょう。

タイトルとURLをコピーしました