パチンコ店が4月から禁煙になると高齢者の客がもっと増える理由

お金がない生活

4月1日から「改正健康増進法」の施行でパチンコ店が禁煙となります。
原則屋内禁煙なので、喫煙できるスペースは確保されるようですが、禁煙となるので普通にパチンコやスロットをしてもタバコの匂いはしません。

今でも禁煙ホールもすでにあるのですが、そこに行くと空調が元々良いのでこれが驚くほど快適空間です。
もちろん大当りや演出の騒音はどうしようもありませんが、タバコの煙がなくなっただけで・・・パチンコ店は大きく変わる事でしょう。

ちまたではパチンコ店の客はこれで激減すると言われていますが、僕はそう思いません。
逆に増える要素の方が多いと思っています。

スポンサーリンク

禁煙でパチンコ店の客が増える理由と減る理由

禁煙となってパチンコ店に客が増える理由としては
①そもそも非喫煙者の方が多い
②非喫煙者はタバコの煙が嫌
③喫煙者でも隣のタバコの煙は苦手
④喫煙者がいなくなることで客層も良くなる(気がする)

逆に禁煙になってパチンコ店から客が減る理由とされているのは
①喫煙者はタバコが吸える場としてパチンコ店を利用
これくらいです・・・

確かにパチンコスロットユーザーは喫煙者が5~6割程度を占めていると言われていますが、禁煙になったからと言って彼らがスロットを止めると思いますか?

世の中のパチンコ、スロット依存症の方!
禁煙になったと言ってギャンブル止められますか?

そんなバカなことはありません!
その程度でパチンコを止められるのなら、もっと早くから止められますよ。

タバコは喫煙室で吸うけど、スロットやパチンコはするスタイルに変わるだけで、現在のギャンブルユーザーは減ることはないでしょう。

逆に禁煙空間となったので、新たな顧客が増えるような気がします。
例えば仕事帰りにパチンコを打っても匂いが付きません!
彼女とデートでパチンコやスロットも今より気軽に行けるでしょう!
例えば身体の悪い方や、お年寄りも、タバコの消えたホールには行きやすくなると思われます。

どう考えても禁煙実施によって、確実に客が増えるとしか思えません!
実際問題として、海外の禁煙の先進国は、禁煙化は基本的に売り上げの増加に繋がっているようです。(ギャンブル施設以外で)

だからといって悪い事とは思いませんが。

スポンサーリンク

パチンコ店には世界一快適な空間を目指して欲しい

こなったらパチンコ店は徹底的に快適な空間を目指せばどうでしょうか?

誰でも自由に使える綺麗で快適なトイレ!
安く飲めるドリンク!
無料でくつろげるソファーやテレビ、そしてマンガ!
無料で使えるWi-Fi!

これだけの設備やサービスが無料で受けられる施設がある国ってないですよね?

ただその費用はすべてパチンコ客が出しているのですが・・・
ある意味、パチンコ客が税金を払い、その代わり無料のサービスを受ける感じですね。

じゃあ逆に・・・パチンコを嫌っている人は無料のサービスだけ受けるのはどうでしょうか?
ちょっとは元を取り戻せるかもしれません!
ただパチンコ店に行って一銭も使わない忍耐があるかどうか・・・そこが問題です。

スポンサーリンク

高齢者の施設とパチンコサービスを融合して欲しい

個人的な要望としては、高齢者向けのサービスを充実させてほしいと思います。

トイレも障害者やお年寄りも使える多目的トイレを設置して欲しいし、例えば会員カードには「今日来店されたかしていないか分かるシステム」を導入して欲しい!

もし高齢者カードを持っていない高齢者の顧客が昼になってもお店に来ていない場合は・・・

もしもし・・・今日は山田さんのおじいちゃんが
まだご来店されていませんが大丈夫でしょうか?

このように保護者に連絡が行くシステムなどあれば、介護する側も安心です。
もちろん今でもパチンコ店のスタッフさんはご老人や車いすのお客様のサポートをしっかりとしています。
目的が金儲けであれど・・・やはり良いサービスですよね?

スポンサーリンク

月額定額制で食べ放題のサービス

それだけではなく最近は月額5000円で食べ放題のサービスをしているお店もあります。

以前にもブログで書いたことがありますが、全国展開の大手ホールで有名なマルハンは自店の一部店舗で、毎月定額5000円で、メニューの中から一日一回、一品までを食べることができるサービスを開始しました。

これは毎月4000円、一日167円を払えば、メニューの中から好きなものを一食取ることができて、エアコンもあり休憩室もあり、一日過ごせる・・・わけです。
恐ろしいほどお得なサービスです。

高齢者、特にお金のないねんきん生活者としては助かるサービスですよね?
だって一食が167円ですよ!

こちらの記事にも詳しく書いているのでぜひ参考にしてください。
マルハンの月額5000円定額制の「ごはんどき」が凄い

スポンサーリンク

パチンコ店なんてなくなるわけがないので進化を期待したい

世の中のパチンコ依存症の方は「パチンコ店なんか許さない!」って息巻いていますがどうなんでしょうか?

僕からしてみると自分の行動で招いた不幸や、また「自分の財布の中身で判断して物を言うな」と言いたいです。

パチンコ店なんか潰れろ!

こんな人は自分が負けたから腹が立つんでしょうね?
気持ちは痛いほどわかりますが・・・そもそも自分が悪いので、そこから治して発言すべきかな?って思います。

そこまで言うなら、お酒を造る会社もメーカーも潰れる必要があるし、タバコも同じですし、競馬や競輪も同じです。
依存症の依存となる物を作ったり販売しているものはすべてなくなる必要があるわけですが、いまでもテレビではビールやお酒のCMがどんどん流れています。

話は戻りますが、今さら文句を言ってもパチンコ店はつぶれる事なんてないでしょうね。

そんな暇があるのなら、パチンコ店が世の中のためになるようなサービスをするように進化することを期待したいと思いませんか?
それが禁煙ホールであり、無料のサービスであり、先ほども提案した高齢者のサービスです。

もちろんそこにかかる費用は・・・パチンコ客の負けたお金を利用するわけです。

自分の使った金で高齢者のサービスなんてして欲しくない!

それが嫌なら・・・最初からパチンコなんて行くな!
僕はこれが言いたいところです。

自分の意志でパチンコを打ちに行くなら負けても納得しろ!
・・・ってことです。

話が大きくそれましたが、今後もパチンコホールはなくなることはないと思われるので、禁煙実施をキッカケに高齢者向けのサービスをどんどん実施して欲しいと思っています。
パチンコを打たない人からすると、近所にパチンコ店があるとわりと便利ですよ!

タイトルとURLをコピーしました