老後の生命保険は必要なのか?

保険の見直し

老後の生活で考える事の一つに「生命保険」があります。
ところでさ!老後の生命保険って本当に必要なの?
よーく考えてみてよ!

そもそも生命保険の目的って、自分の身に何かあったときに残された家族や誰かのためにお金を残すことですよね?

だったら別に保健じゃなくて資産を残せばいいのでは?
なぜ生命保険に入るの?

毎月必要な保険代ですが、なんのために保険代を払っているのでしょうか?
今回は老後に生命保険は必要なのか?についてじっくり考えてみましょう。

スポンサーリンク

生命保険に入るべき理由とは!?

では生命保険に入る理由と、その理由の持つ意味はどうなんでしょうか?

そもそも生命保険に入る理由は「自分に何かあったときに家族のお金を残すため」です。
お金儲けで生命保険に入る人はいません。

自分が死んだら家族が困るから生命保険に入るんだよ

家族の何が困るの?

家族が生活するにはお金が必要!
大黒柱の俺が死んだら収入がなくなるでしょ?

でもその理由で考えると、別に生命保険じゃなくて資産を残せばいいわけです。
利回りなどを考えるのなら終身保険より投資信託のほうがお得です。
おまけにiDeCoや積み立てNISAなら節税にもなります。

ここで結論を言いますが、生命保険に入る理由は、あなたにまだ十分な資産もなくて、残された家族も子供がまだ学校に通うなど自立ができない時のためです。

そうです、子供が大きくなるまでの保険のために生命保険に入るのが正しい理由です。

いま大黒柱のあなたが倒れたら残された家族は生活が苦しくなるので
だからこその生命保険です

そうだとしたら終身保険より、定期保険のほうがずっといいわけですよね?

そうです。

もし生命保険に入り理由が、万が一にも自分の身に何かあったときに、残された家族にお金を残したい理由なら、まずは定期保険の一択です!※定期保険とは掛け捨て保険です。

定期保険や終身保険をについてもっと知りたい方はこちらのブログも参考にしてください。

養老保険と終身保険に入るなら貯蓄と定期保険に分けたほうが得な二つの理由

スポンサーリンク

老後でも生命保険に入れるの?

それでも孫にもお金を残したい・・・そんな方は生命保険の加入も可能です。
ただし健康状態などさまざまな条件をクリアする必要がありますし、そもそも保険の払戻金は多くありません。

矛盾しますが生命保険は健康で長生きする人こそリターンが多い保険です。

寿命が短い高齢者や過去に大病の経験がある人はなかなか入れません。

スポンサーリンク

老後に必要な保険って何?

では老後に必要な保険藩でしょうか?

もし家族に資産を残すのが目的なら、iDeCoやNISAなどを活用して資産を残すのがお得です。
例えば個人型確定拠出年金のiDeCoは、あなたに万が一の事があった場合は、推定相続人に遺族年金や遺族一時金として払い戻しされます。

こちらのブログでも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

【iDeCoと遺族】自分の身に何かあった場合のiDeCoはどうなる?

では本当に必要な保険とは何でしょうか?

それは医療保険や介護保険です。
老後で一番手間がかかるのが病気になった時です。

病気になって手術や入院をしたり、介護が必要になると、子供にも金銭的に大きな負担がかかります。

自分自身も安心して病院に通うことができませんし、やはり必要となるのはお金です。

そういった心配なことをカバーするのが医療保険であり介護保険です。

もし老後の生命保険でお悩み方がいるのであれば・・・

①何(誰)のためにお金を残すのか?
②そのお金を残す理由は?
③保険じゃないとカバーできないのか?(資産運用では無理か?)

こういった部分を一度チェックしてみて、保険の無料相談も積極的に利用してください。

タイトルとURLをコピーしました