老後の年金収入や生活費を現実的にシミュレーションしてみた結果

副収入

私は残念ながら退職金のない会社に勤めています。
おまけに持ち家も処分したので賃貸での生活です。

運が良ければ今の会社で定年まで勤める事になるでしょう。
ただ・・・このような状態だと自分の未来は確実に予想できます。

収入も変わらない・・・そんな確実にわかる未来の自分の「老後の生活」とやらが具体的に見えてきます。
今回は自分の現実的な老後の生活と理想とする老後の生活をシミュレーションしてみました。

スポンサーリンク

現実的な老後の生活をイメージしてみた

まず前提条件として、老後にもらえる老齢年金ですが・・・僕の場合は12万円になります。
きっと大きく変わることはありません。

なぜ貰える年金額が分かるの?

そう思われた方はこちらのブログを参考にしてください。
ねんきんネットで将来貰える年金を試算した結果が悲惨すぎる

もらえる年金額が多少変わったとしても月に数千円ですね。

次に副収入ですが、目標としている金額は後にして、現実的に可能な金額を考えると・・・月に2万円と想定します。
そして貯蓄ですが・・・今のペースでがんばれば1000万円は可能かと思います。

なので65歳時点での貯蓄が1000万円となります。
そうすると、このような形になります。

【収 入】
年金 毎月12万円
副収入 毎月2万円
貯蓄 1000万円なので、月に3万円の切り崩し(90歳までの25年間とする)
合計 17万円(収入と貯蓄の切り崩し)

【支 出】
住宅家賃 5万円
食費 4万円
水道光熱費 2万円
通信費 1万円(スマホ、ワイハイ)
保険医療1.5万円(少し多めにしました)
消耗品、生活必需品 1万円
交通費 8千円
娯楽、その他 2万円
予備 1.7万円
支出合計19万円

副業でしっかりと月に2万円以上を確保して、貯蓄を頑張って1000万円しても・・・普通の生活には毎月2万円不足します。

持ち家があれば住居費を抑えられそうですが、そうじゃないのなら公営住宅など使うしかなさそうですが・・・これも確約されるものでもないので厳しい!

スポンサーリンク

理想的な老後の生活をシミュレーションした

次は理想の生活とします。

理想の生活なので今から着手している部分でもあります。
ただし結果的にどうなるわかりません。

前提条件としては、老後までに働かなくても入る副収入を月に30万円確保する事と、それまでにしっかりと貯蓄しておくことです。

【収 入】
年金 毎月12万円(これは変わりようがありません・・・)
副収入 毎月30万円
貯蓄 3000万円(貯蓄としてなので生活費で切り崩さない)
合計 42万円

【支 出】
住宅家賃 8万円
食費 5万円
水道光熱費 2万円
通信費 1万円(スマホ、ワイハイ)
保険医療 2万円(さらに少し多めにしました)
消耗品、生活必需品 1万円(この辺も大きく変わらない気がします)
交通費 1万円
娯楽、その他 7万円(ここを増やしました)
予備 3万円
余り 12万円(毎月12万円も余るとは・・・)

支出合計 42万円

やはり定年までにしっかりと副収入が入るようにしておくのは必須ですね。
その違いだけで老後の生活が雲泥の差になります。

スポンサーリンク

老後生活のために今しておくことは?

こうやって比較するとハッキリしますが、老後にしておくことは貯蓄も当たり前ですが・・・今の仕事の収入以外の副収入を、しっかりと確保しておくことが非常に大切になります。

これはね・・・仕事以上に大事なことです。
暇なときにぼんやりしている間はありませんよ。

もう一度言いますが!今すべきことは副業であり副収入を確保する事です!

老後にも継続して入る副収入とはなにか?株の配当金か?家賃収入か?・・・でも魅力がるのはネット収入なんですよね。

こちらの記事もぜひ参考にしてください。
【副業で月3万〜月5万円の副収入】スマホだけで毎月小遣いを稼ぐ副業、副収入をご紹介します

やはりYouTubeとかも参戦しておかないとダメですね。

いつも応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました