今年2番目の下げ幅の株価暴落があったけどNISAや資産運用はどうなったの?

FX

 

3月8日は東京株式市場で日経平均株価が大幅に続落しました。

終値は430円安で今年2番目の大幅な続落です。

 

さて・・・つみたてNISAやiDeCoそしてその他の資産運用などをの結果はどうなったのでしょうか?

 

投資信託で怖いのがこの「株価の暴落」です。

これがあると原資は目減りします・・・ただし好調な時もあるので平均しての利回りで考えると大丈夫ですが、せっかくの暴落の機会なので途中経過を報告します。

 

スポンサーリンク

つみたてNISAとiDeCoはどうなったのか?

NISAですが結論から言うと、まだ+1.3%とプラスを維持しています。

ただしこの暴落で‐1.7%ほど目減りしました。

元が3%以上の利益が出ていたのでそれが半分ほど減ったという形です。

 

国内株式の「ひふみプラス」はさすがに大きく目減りして、世界株式の「オールカントリー」は少し目減りした形です。

 

iDeCoは原資割れです。

今の掛け金の累計が92,000円ですが、それが90,011円まで目減りしています。

DCニッセイ外国株式の赤字が大きいです。

こちらの国内株式の「ひふみプラス」は検討しています。

 

スポンサーリンク

FXとスワップポイントはどうなったか?

FXは19円台のトルコリラのロングポジションをすべて決済しました。

今はその後ショートポジションに持ち替えた形です。

 

いまトルコリラのショートポジションを持っているので、今度はマイナススワップポイントに苦しんでいます・・・辛いですねこれ。

 

【スワップポイントについてはこちらも合わせてご覧ください】 

www.okane.online

 

トルコリラはまた下がると思うのでショートはその頃に決済します。

そして下がりきったころに、再度ロングポジションを持つ形にします。

 

トルコリラが下がると予想する理由はこちらです。 

www.okane.online

 

スポンサーリンク

バイナリーオプションはどうなったのか?

バイナリーオプションは株価暴落時は逆にチャンスです。

というより激しい動きになればチャンスと言えます。

 

ただ今回は基本的に低倍率で稼ぎました。

大きく動いたときに低倍価格が安くなるので、そこを狙ってポジション持つ形です。

 

明らかに一方通行の場合は、高倍率を少し購入しそこでも稼いだ形です。

といっても購入枚数は少ないし、そこまでバイナリーオプションに神経を使いたくないので小枚数です。

 

サラリーマンなら小枚数でこそ強みがあるのがバイナリーオプションですよ!

専業トレーダーの真似をしたら負けます!

ぜひこちらも参考にしてください。 

www.okane.online

 

スポンサーリンク

3月資産運用の金額まとめ「途中経過」

3月の途中ですが経過をまとめます。

 

FX確定分 +10万円

スワップポイント +1万3千円

バイナリーオプション +5万円

その他 +3万円

合計 +19万3千円

 

今月の目標益は達成したのですが、毎月スワップポイントで稼ぐという目的でのスワップポイントが入らなくなったので、どこかで早めにトルコリラのロングポジションを持ちたいと思っています。

 

少なくとも20円は割ってからかな?

地方選挙もあるし慎重に行きたいですね。

月末にどうなってるのか気になるところです。

 

いつも応援ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました