【アポ電対策と高齢者】「アポ電」強盗の手口と危険から両親の身を守るための3つの対策

老後の生活

 

アポ電強盗が問題になっています。

これが怖いのは高齢者の世帯ですし、強盗もその高齢者世帯を狙っています。

 

手口としては事前の電話で、その自宅にある金融資産を聞き取り、その後に強盗に及ぶ悪質な手口です。

 

最近では東京都江東区のマンションで加藤邦子さんが死亡した事件で、一般の方も知ることになった悪質な手口です。

アポ電とは

息子などの親族や金融機関職員らを装って、事前に資産状況や自宅に現金がどのくらいあるか、家族構成などをさぐる不審な電話全般を意味する呼称。

 

アポ電強盗の三つの対策をまとめてみました。

高齢のご両親がいる方は早めに対処してください。

 

スポンサーリンク

①犯行予兆電話に注意

金融庁や息子などを名乗り「自宅にある金融資産」を知ろうとします。

最近では複数回も電話して別の手口を使うなど悪質化しています。

 

犯行予兆電話「アポ電」があればその後の防犯には注意するようにしてください。

怪しい電話があればすぐに警察に電話して相談しましょう。

 

スポンサーリンク

②電話に出ずに録音電話を利用する

直接電話に出ると騙されることがあります。

 

まずは録音電話にして、その内容を聞いた上で電話に出るかどうか判断することが大切です。

 

録音機能があればきちんと設定しご両親に操作方法を教えておきましょう。 

 

最近ではこんな便利な製品もあります。 

 

スポンサーリンク

③電話で金融資産を聞く人はいないことを説明する

高齢者となると録音電話も使い方が難しいかもしれません。

 

そういう場合も想定し、事前にご両親に・・・

「金融資産を聞かれたら答えない」

「自宅にあるお金のことは答えない」

 

これを徹底しておくことが大事です。

そんな電話があったらすぐに子供に電話するように決めておくのもいいです。

 

スポンサーリンク

高齢者は自分は大丈夫と思っている 

高齢者は自分はまだ大丈夫と思っていることが多いです。

運転にしても計算にしても・・・多少の衰えは認めても、実生活ではまだだ異常なレベルだと勘違いしています。

 

なので強引に防犯対策を押し付けても聞かない可能性もあるので、相談する形で説明をしたらどうでしょうか?

 

説明の後には実際にシミュレーションしてみるのが効果的です。

頭だけではなく行動でイメージしておくと安心です。 

KOBAN 防犯対策電話録音機 ST-386

KOBAN 防犯対策電話録音機 ST-386

 

  

スポンサーリンク

高齢者への犯罪対策のまとめ 

高齢者を狙った悪質な犯罪は今後も出てくると思います。

 

大事なことは普段から高齢者の親とコミュニケーションを取り、自分の親がどの程度理解力があるのか?

 

そして最近の高齢者をターゲットにした犯罪などをどのように考えているのか?

 

こういった部分を話し合ってることが大切です。

大切な両親!すぐにでもサポートしておきしょう!

 

【高齢者を狙ったこちらの詐欺も合わせてお読みください】

www.hensai.online

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました