「コロナ第2波」を迎え撃ち、命とお金を守る5つの対策

コロナウィルス

コロナウィルスの第2波来るのか?
来るか来ないか?そんな予想をしても仕方がありません!でも「必ず来ると想定」して考えて行動しておく必要があります。

以前ブログでもお書きしましたが、世界中でおびただしい犠牲者を出したスペイン風邪2年間に3回の波が来ました。
こちらでも詳しく書いているので、ぜひ一度参考にしてみてください。
スペイン風邪後の状況とコロナ後を比較して分かった勝利の方程式

今回はコロナウィルスの第2波とそれに対処して、ご自身の資産と命を守る5つの対策をブログでまとめてみたのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

コロナウィルスの第2波が来る可能性は?

コロナウィルスの第2波が来る可能性は高いと思っていいです。
でも問題は「来るか来ないか?」ではなく、来てもダメージを受けない準備をしておく事です。

世界人口の3分の1が感染するパンデミックとなったスペイン風邪は、1回目と2回目の流行がありました。
そしてより被害が大きかったのが一度は沈静化した後の2回目の流行時です。

スペイン風邪についてはこちらでも詳しくご説明しています。
スペイン風邪後の状況とコロナ後を比較して分かった勝利の方程式

スポンサーリンク

スペイン風邪と比較して予想できる事

スペイン風邪が流行ったときは世界経済が大打撃を受けました。
ところが経済にい影響を与えた原因はスペイン風邪が直接的なタイミングではありません。

一回目のスペイン風邪が沈静化し、経済が上向きになった頃にバブルがはじけて、またそのタイミングでスペイン風邪の第2波が重なって大不況となりました。

コロナウィルスも今は日々沈静化に近づいています。
ここで気を引き締めておかないと「第2波」が来た時に「大不況」と重なり、大きなダメージを受けることが十分に予想されます。

スポンサーリンク

コロナ第2波に備えて今からするべき5つの対策

スペイン風邪の経験を参考にコロナ終息後に予想されることを整理して、コロナウィルス第2波に備えた5つの対策を提案します。

【コロナ終息後に起こること】
1.終息直後は景気は変わらない
2.終息後1年以内に景気の大幅な後退が予想される
3.日本の景気回復は出遅れる
4.経済の体質転換が進まなければハイパーインフレになる可能性大
5.2回目の流行も予想

どのような資産運用で備えるのか?

コロナが終息し第2派が来ると大幅な株安とハイパーインフレが予想されます。
ただしインフレはドルや外貨で起きて日本円では起きにくいと予想されます。

そうなると注意すべきは株です。
すでに保有している場合は仕方がありませんが、無理な資産運用はせずに現金として保有しておくことが大切です。

無理な株式投資はしない
現金を保有しておく

備蓄しておくと便利な物

コロナウィルスの感染拡大で、不織布マスクをはじめトイレットペーパーなど多くの物が不足して困りました。

アメリカなどの大きな被害があった外国に比べて、日本では比較的穏やかに感染の拡大を防ぐことができたようです。
ではアメリカなどの教訓を生かして、第2波に備えておくものは何があるのでしょうか?

アメリカではオートミルク、室内でできるボードゲーム、自宅でのパン作りのホームベーカリーパン酵母、備蓄できる食材のパスタコーンフレークが大人気でバカ売れしました。

こちらでも詳しくご説明しています!
コロナの影響でアメリカでバカ売れ人気商品5つを厳選してご紹介

コロナ自粛中にアメリカでバカ売れ商品
1.オートミルク
2.ボードゲーム
3.ホームベーカリーとパン酵母
4.パスタ
5.コーンフレーク

緊急時のための保険とは?

コロナの感染拡大で治療や入院などの必要があった場合に気になるのが病院代であり、万が一仕事ができなくなった場合の収入です。

都道府県民共済ではコロナに感染した場合の治療費も保険金が出ます。
また病気で入院などが発生した場合に「1日いくらの補償?」という形で、医療保険にしっかりと加入しておくことが大切です。

沈静化した今こそ、そして第2波が来る前に保険の見直しをおすすめします!
【保険の見直し方】節約と家計重視、効率重視の保険をこっそり教えます

保健チョイスでは「コロナウィルス対応の保険」も案内してくれます。
まずは無料相談をご利用ください。

離れた家族とも連絡が取れる連絡手段の取り決め

第2波が発生すると、コロナウィルスが今以上に猛毒化する恐れがあります。
遠くに住む家族や兄弟、親しい友人などと連絡が取れるように、しっかりと緊急時の連絡方法の取り決めをしておきましょう。

コロナ感染拡大で高齢者の介護崩壊が起きないための4つの対策

テレワークができる環境づくり

コロナウィルスの第2波が発生すると、感染拡大の対応としてまた在宅勤務が増えます。
コロナウィルスだけではなく、今後はテレワークが主流となるので、いつでも快適な在宅勤務ができるように通信環境の見直しや仕事の整理をしておきましょう。

スキルなしでできるおすすめ在宅副業を3つに絞ってご紹介【2020年度版】

スポンサーリンク

新型コロナウィルス第2波を乗り切る方法のまとめ

新型コロナウィルス!もう二度と感染拡大は起きてほしくないのですが、やはり2回目の感染拡大は十分に考えることができます。

そして今から第2波に備えて準備をしておくことは大事です。
今回は沈静化しつつある今こそ、コロナウィルスの感染拡大の第2波に備えてしておく5つの対策をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました