Amazonビジネスの5つの特徴とビジネスプライムのメリット

Amazon

Amazonが新しいサービスを始めているのは知っていましたか?

分かりやすく言えばアスクルと同じようなサービスです。

今までは個人だけだったサービスでしたが、 Amazonで法人利用ができるようになったということです。

法人での契約はもちろんですが、会社で複数のユーザーで利用するという前提なので、管理者と利用者という権限を分けて設定ができます。

社内でよくある「承認依頼⇔承認」の手順もサイト内ですべてできるので痒いところにも手が届くサービスです。

では Amazonビジネスについて詳しく整理してみます!

スポンサーリンク

 Amazonビジネスの特徴はなに?

基本的なイメージは企業でよく利用するアスクルです。

サイトから注文をしたら「注文した商品が届く」ということです。

ビジネスアカウントは無料でご利用できます。

【 Amazonビジネスの5つの特徴のまとめ】

①注文先が無数にある(大きな会社も個人商店も)

②法人価格で通常より割安

③同じアカウントで会社内の複数のユーザーが利用できる

④支払いは後払い請求(会社利用なので便利)

⑤見積書を取ることができる(事前に会社に提出できます)

スポンサーリンク

 Amazonビジネスの価格と配送は?

価格は通常価格商品とAmazonビジネス専用商品の価格があります。

当然ですが Amazonビジネスの価格で購入するとかなり割安となります。

また配送は Amazonプライムと同様にお急ぎ便やお届け日時指定便があるので、会社で受け取る場合も指定ができ便利です。

スポンサーリンク

有料会員制サービス「Businessプライム」のに加入するとどうなるのか?

Amazonビジネスには有料の「ビジネスプライム」があります。

「当日お急ぎ便」「お急ぎ便」「お届け日時指定便」が無料になる特典などがあり、年会費(税込)は3900円からとなります。

月に換算すると月300円程度なのでほとんど無料ですね。

「当日お急ぎ便」「お急ぎ便」「お届け日時指定便」が無料になると考えたらお得だと思います。

さらに「購買分析ダッシュボード」「購買コントロール」という機能が利用できるようになります。

「購買分析ダッシュボード」

購買分析ダッシュボードでは、購入実績を視覚化することで、データのダウンロードや分析に費やす時間を削減し、購買傾向を判断できるとしています。

「購買コントロール」

購買コントロール機能は、 Amazonビジネスアカウントの管理者が、推奨する販売事業者や製品、制限のある製品カテゴリーを指定できるものです。

自社のルールにそぐわない購買を削減したり、販売事業者を集約するのをサポートするとしています。

スポンサーリンク

有料会員制サービス「Businessプライム」の料金プラン

有料会員制サービス「Businessプライム」にも料金プランがあります。

【Businessプライムの料金プラン】

① 3ユーザーまで利用→「Essentialsプラン」年会費3900円(税込)

② 10ユーザーまで利用→「Smallプラン」年会費1万3500円(税込)

③ 100ユーザーまで利用→「Mediumプラン」年会費3万7800円(税込)

④ 無制限利用→「Unlimitedプラン」年会費27万円(税込)

スポンサーリンク

 Amazonビジネスのまとめ

Amazonビジネスは個人事業主にしても法人にしてもかなり便利です!

Amazonプライムと同じ「お急ぎ便・お届け日時指定便」が無料で使えて

さらに通常よりも安い「割引価格」や「法人価格」で買えることは大きな魅力です。

「Businessプライム」は有料ですが「 Amazonビジネス」は無料です!

詳しくは正式サイトからぜひお読みください!

正式サイトはこちらです。 

今後もどんどんサービスが充実される Amazonですが、この際前向きに検討してみるのもどうでしょうか?

いつも応援ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました