一人暮らし賃貸で暮らす56歳バツイチ男の貯蓄額と生活費用

50代の生活

いま現在私の貯蓄は250万円ほどになります。

 

少ない?
ええ知っていますとも!

 

でもこうなったものは仕方がないわけです…
生きていくためには今から挽回するしかない!

56歳から65歳までの10年間でどう挽回するのか?

それに退職金もない会社なので、老妓資金を自力でどうにかするしかないわけです。

ただ希望はあります…私の手取り35万円なんです。

でもね、35万円がいつまで続くか…ですよね?

マイ家計簿で収支を整理しよう

まずは自分の収支を整理します。

収入は毎月手取りで35万円です。

生活費の支出はこうなります。

 

わりと節約していますよ!

家賃4万円、食費2万5千円、水道光熱費6千円、両親へ仕送り3万円

保険代が1.2万円、通信費が6千円、小遣い2万円

合計 約14万円

収入が35万円で、支出が14万円です。

ってことは家計の残が21万円!

これは次のブログで詳しく書きますが…イケるっ!

現在の貯蓄額をまとめよう

では、いま現在の貯蓄額が整理します。

まあこれが泣ける金額なんですが(笑)

積立NISAが67万円、iDeCoが61万円

投資信託が30万円、株式投資が94万円

すべて合わせて252万円が今現在の私の貯蓄額になります。

これから増やすけどね!

56歳の貯蓄額と生活費用のまとめ

貯蓄250万円…さすがにこれは私の年齢では少なすぎるので、老後資金の計算からはいったん外しておきましょう。

この程度の金額だと親や子供に何かあった場合のイベント資金です…

それに自分の身に何かあった場合の保険でもあります。

これ以外には口座に10万円程度の予備資金がありますが、それで今のお金のすべてです。

収入が35万円で、支出が14万円!

残り21万円を毎月貯蓄すればいけるんじゃね?って思いますが、それは今の給料が保障されて、支出がこのまま節約できたらの話です。

そんなのありえない!

老後2000万円必要とされていますが、では今から2000万円の貯蓄をするためにはどうすればいいのか?

これを次回のブログでまとめたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました