40代のおっさんが転職で面接を受けに行って知った3つの現実と対策

40代の生活

56歳の今になってわかることはたくさんあるんですが…

今でも甘かったなーって思うのは40代に再就職で面接を受けに行ったときのことです。

 

まあ…どういんですか?
自分が世間的におじさんだと再認識しました(笑)

 

だって面接官のほうが若いこともあるんです。

面接に行った職場も自分より若い子ばかりいるし(笑)

なんだか現実を目の当たりにするって感じですね。

 

ネットや他人の体験談で、40代の再就職は難しいよ!ってことはよく聞きます。

聞いてるから、それなりにわかってるつもりなんですが、わかってるつもりだけど…わかってなかったってことに気がつく感じです。

あ!俺終わったかも!

 

面接の場でやっと現実に気がつくって感じですね。

 

気がつくのが遅すぎるんですが…

今回は40代で再就職する際に面接での三つの大きな壁についてブログでご説明します。

三つといっても根っこは一つなんですけどね(笑)

年齢制限がないから安心しても制限はある

まずハローワークやネットなどの就職情報で、年齢制限がない職場を探して申し込みするわけです。

おっ!ここは年齢制限ないじゃねえか!
すぐに申し込みしよう!

年齢制限あります!
裏設定でしっかりとあります(笑)

履歴書を送っても形式だけで返事は一緒

履歴書を送るように言われます。

おっ!もしかしていけるかも?なんて思うのですが、結果的にはやる気のない返事が来て「審査の結果見送り」

これが繰り返されるわけです。

履歴上は問題がなくても落とされる理由…それは年齢ですね。

筆記試験や面接は形式だけ

まず年齢です!年齢!

筆記試験もあったりしますが、ほぼ落ちます。

起業としては若い世代の募集をしているんですが、建前上面接もするし試験もするわけです。

でも落とす!(笑)

40代からの再就職の対策

さて面接になって初めて理想と現実の違いを目の当たりにするわけですが、だからといって諦められません!

だって生活が懸かってるわけです。

じゃあどうすればいいのか?

答えは簡単です…年齢的に問題のない職につけばいいのです。

倉庫などでの荷作業、タクシーなどの運転手、清掃業、そういった仕事だとイケます!

 

タクシーの仕事はこちらでも書いています。
高齢から始める気楽なタクシー運転手の仕事の経験談

 

そう聞くと、ちょっとその仕事はしたくない…って方もいると思うんですが…

 

甘ったれるな!(笑)

 

それにね、案外そういった職場だと自分より年上もいるし、むちゃくちゃ働きやすいですよ。

精神的にはグーンと楽!

 

自分としては個人的に嫌いではない職場です。

でも人によっては選んじゃうんですよね…
でもね、すでに40代になったんなら選ぶのではなく、選ばれる側になってるってことです。

 

それが現実でもありまた対策でもあります。

職を選ぶ前に、働ける仕事があればまず働け!

これが私からのアドバイスです。

タイトルとURLをコピーしました