【高齢者の調理】めんつゆ生姜焼きが簡単すぎる

高齢者の調理

高齢者が簡単に調理できる料理について考えたいと思っていたんですが

先日テレビで簡単便利なめんつゆを使った調理があったので紹介します。

スポンサーリンク

少なすぎる驚きの麺つゆ生姜焼きの材料

驚くの材料が少なすぎるって事です。
生姜焼きのタレをみりんや醤油で作る手間が省けます!
では気になる材料の紹介です。
薄切りの豚肩ロース 150g
玉ねぎ 小1個
めんつゆ 2倍濃縮70CC
水 60CC
生姜 チューブタイプで可(小さじ1)
にんにく チューブタイプで可(小さじ1)
砂糖はお好み(めんつゆでOKなので)
これだけです。
作り方も簡単なので高齢者の方が一人で作るのも楽ですね!
スポンサーリンク

10分でできる麺つゆ生姜焼きの作り方

①フライパンで豚肉を炒める
②ニンニクと生姜を入れてフライパンに押し付けるように炒める
③薄く切った玉ねぎを入れて一緒に炒める
④めんつゆと水を入れて(お好みで砂糖)を入れて味をしみこませる。
これだけです!
あと細かいコツと言えば、蓋をして3分ほど弱火で煮込んで、蓋を取って軽く水分を飛ばす程度です。
玉ねぎを薄く切るのも、豚肉を炒めながら横でさくさく切れます。
本当に簡単です!

めんつゆ生姜焼きを実食してみた

今までちょっと水っぽい気がした生姜焼きですが、この方法で作るとお店で食べる生姜焼きのように味がしっかりとつきます。
コツと言えば、しっかりと炒める事ですが、めんつゆでこれだけのクオリティーがあるのかと驚きました!
ちょっと焼きすぎかな?程度が、美味しく作るコツでした。
スポンサーリンク

麺つゆ生姜焼きは高齢者の調理としては?

これはありですね!
やはり調理が簡単という事が大きいです。
それに麺つゆを買っておけば他にも利用できるのでありです!
タレをわざわざ作る必要もなく、男性の一人暮らしの高齢者が自分で調理するのも楽です。
麺つゆは一度開けると賞味期限があるので、できれば賞味期限の長い「濃縮タイプ」がお勧めです。
開封後の賞味期限は

ストレートタイプ  ⇒ 3日間

2倍濃縮タイプ   ⇒ 2週間

3倍4倍濃縮タイプ ⇒ 1~2ヶ月

このようになっているので、頻繁に使わないのであれば濃縮タイプがおすすめです。

個人的には2倍タイプで、1000mlではなく500mlのほうが使い勝手が良かったのでご紹介しておきます。

開封後は冷蔵庫で保存してください。

ぜひ一度お試しください!

いつも応援ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました